エアードッグマルチコプター自動追尾型

この前の記事で紹介した物と似たようなタイプの物になりますが、まだこちらの方が見た目はあれですが、色んな意味でちょっと先に言っているような感じがします。

こっちの物はairleashと言う物を対象物に装着して認識させます。

この記事の前の物はAPPで対象物を認識させると言うもので似てるっちゃ似てるんですが、似て非なる物になるんじゃないでしょうか。

自分で飛ばしたい、撮影したいRCフリークの方にはどちらも物足りないかもしれませんが、DJI、xaircraft,とかまあ他にも沢山ありますが、技術的に先を行っていたのが既に追い越された感がある?これの機能を付加すればまだ先か?

いずれにせよまだまだ目が離せない分野となりそうですが、私的にはホビーはホビー、撮影用は撮影用として切り分けられていった方がいろんな面でたすかるなーと。

f9c1ff765b9b28313a42fa3894625e72_large

 

ワイヤレスコネクトなわけですが、こちらの方が万が一のお財布には優しいのかもしれません。

全体的コストはこっちの方が高めですが、キックスターターは遅れが出たり製品がリリースされなかったりって言うのがあるのでここはどっちかが市場に出てくるまで様子見をした方がいいかもしれませんね。

欲しい人は(笑)

どちらも募集の金額を大幅に超えていますが、先ほど紹介した物の方が見た目が良いからなのか大変人気があるようです、、、意味わかりませんが。

強いてこっちの製品のアピールポイントとしてはただ追尾するだけではなく、対象物の周りを旋回しながら対象物を撮れることでしょうか。

DJIとかで言うIOCっぽい動作をしながら対象物を撮り続ける、動きながら。スゴイじゃないですか!!

個人的な感想ですが、先ほど紹介したもの程度の投資なら有かな。と

これはちょっと機能もそこそこいいけどちょっと安っぽさがハンパないかな。と個人的にですからね!!!先述の物も大差はないんですがね(笑)

どんどんどんどん激化していっていますねー。この世界。しかしながら次々飛びつくよりも様子見って言うのがここは良いのかもしれませんね。成熟するまでは。

source

LINEで送る

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>