FAAレギュレーション変更についての物議

FAAがライトドローンについての業務を強制的に停止したことによる物議で色々な所で取材が行われている模様です。

物議の多くは無人機と無人偵察機に対して混同していると述べている。

映像に出てくるライアンは彼のビジネスが強制的に停止された事によるものだそうだ。

FAA-2

 

ライアン氏はこれはあくまでもトイでありつつも色々な事に対して対応できるマルチビークルであるとも言っている。インタビュアーもこれは刺激的で楽しい物であるのに何故こうなるのでしょうか。と言うお話を続けている。

FAA-1

こういったタイプのドローン機の多くは小型サイズであり、FAAが定義している物とは全くの別物である事とFAAのルールはとてもバカげていると主張。

FAA-3

 

とにかくこういったマルチコプターが社会問題として取り上げられるところにユーザーの増加と共に増えている事故、犯罪に国も問題視していると言うことでしょう。

空と地上の安全を監視するFAAとしては見逃せない問題と言うことですね。

ニュースの一部を見ていただければなんとなく言っていることがわかるかと思いますー。

動画貼れないので見てみたい方はリンクからどうぞ!

FPVについても禁止の動きが出ているようですので今後も要チェックですね。

source

LINEで送る

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>