GAUI Eclipse E28F ボードと詳細など

間もなくリリースとなるGAUI Eclipse E28Fの細かい部分を見ていきましょう!

このフレームはE28と名前の通り280mmのフレームとなっており、ドローンレースとされるほとんどのイベントに出場できる機体サイズとなっています。

 

E28F-063-01

モーターマウントは色々なタイプ、サイズに対応できるように設計されていますね。注目するところは最近のレーサーの主流はカーボンの1枚メインフレームなのに対してこちらはパイプを採用。カーボンパイプの様ですね。これで軽量化狙ってるのかな?

モーターマウントも極限まで肉抜きしてあり、くりぬいてある部分の上部は墜落時のモーター破損の為のバンパーともなります。

モーターは2203-2205は問題なく載りますね。

E28F-055-01

そしてカメラは付属してきますが、いわゆる?Fatsharkとかのカメラを搭載すると・・・手元からチルトできるようになります。

もちろんマイクロサーボも付属しますよ。サーボの後ろに見えるのはおそらくバンパーでしょう。バッテリーの位置ずれでの前部破損防止でしょうね。

とにかくここまで見て思うのは薄い!!有名どころのフレームだと35mm位の高さになるんですが、PDBロアフレームとしたことで薄さを実現しています。

E28F-029-01

 

この写真はPDBとFC(フライトコントローラー)。配線が楽になりますねー。

時間が無い方にもサクサク組める機体になりそうです。予定では?組み立て調整済みもBigNutsで販売予定です。

 

E28F-026-01

そして諸々搭載した図となります。

FCはNAZE32ですが、これを見ると汎用品は使えなくなるかな?ちょっとした改造で他のも使えそうですけど、オプションとしてピンヘッダー変換アダプタとか出てきそうな気もしなくはないですね。

ここまで見ても・・・全備重量が気になります(笑)クラス的には大きい方になると思うので重いとは思いますけどどれくらいなのか。

12522968_574327932718537_1356553528911053517_n

試作品並べるの図

12439062_574338746050789_6368168617354307091_n

 

この写真のようにケース付きですね。NAZE32専用ケース。そしてコントローラも配線もコンパクトにできるよう独自の回路にしてるようです。

12573892_10209115044734890_6458432163079118488_n

これはカーボンアーム。試作品

12510221_10209115045054898_4790125215264975573_n

より製品に近いタイプとなり、バッテリートレーがありますね。

専用トレーでクイックリリースができるそうです。ってか良いなー。パッケージとしてはかなりの出来栄えなんじゃないかな?と。

VTXのアンテナはどこから出すんだろう?とか気になる部分はありますが、届き次第チェックしていきたいと思います!!

12508879_10209115045254903_3642844361981284410_n

 

 

自作のFPVレーサーを組み立てるのが面倒。簡単に作りたい。そんな方には最適な機体になるかもしれません。

価格はちょっと高めですけども・・・まあ豪華パーツが付いてこの値段なら仕方ないのか?(笑)

モーター、ESC付きのセットなども販売予定です。

あと少し、初回入荷分には余裕がございますので発売日に入手可能です!!ご予約お待ちしております!

予約はこちらから

LINEで送る