GAUI MRT ニューリリース

GAUI MRTマルチコプター用アップグレードパーツリリース

GAUI MRT 350X,500X,540H,840Hに使用できるバッテリーハンガーがリリースされました。

ベルクロを介すことなくバッテリーを搭載できるラバーバンド式です。保険でベルクロは装着するかと思いますが、ながーいベルクロで止めるのをラバーバンドに変えるだけでもバッテリーチェンジの手間が省けそうです。

mrt4

お次は840H用カーボンブームです。と言ってもカーボンのみではなく元々のアルミブームに装着するタイプのブームのようですね。(製品名が無いのでわからず・・・)

mrt5

それから各機種用のスライディングトラックカメラ搭載の幅が広がるのとマウント部分を前後方向に移動できるので映り込みが減ってとても良い感じになるのではないでしょうか。

mrt3

ここに上げてはいませんが、各種サイズマルチコプター用のフォールディングプロップもリリースされています。

持ち運びに便利な仕様となっています。

管理人も昨日は撮影の依頼があり色んな撮影をしてきましたよー。

でもでも。。。何故か朝一強風の為ギンバルテストでホバリング10秒ほどしたら何故か墜落・・・もー焦りました。一日終了になってしまう所でした。

前日までに2台用意していましたが、一台はどうも腑に落ちない部分があり控え選手としていました。

本番車である1機が朝一落ちたので変更を・・・と思いましたが、フィックスできそうだったのでとりあえず全力で直します。

どうにか撮影はできた物の強風により満足行く撮影ができず。そして悲しくなりました(笑)

で、あることを決意。それはまたお伝えして行きます。

ところで今や空撮と言えばDJIとなっているようですね。確かに私も使っていますし、A2,Wookong,NAZA各種使っております。が、決して悪い物ではないし十分使える物と思っています。

しかし、やはり過信は禁物です(笑)何と言うか色んな確認事項を自分なりに作りそれに沿って操作を行う、と言うことをしてみても9割以上は遂行できますが、1割以下の確率で何らかの不具合、ミスファンクションが起きる。と言う事も忘れてはいけませんね。

よく設定ミスとか諸々確認ミスでの墜落、と言うことはありますが、HL,CL使った際でも大きな電力や電磁波を発生する基地や設備の近くではこれらのGPS保持が外れてしまうことが自分の中で実証されてきました。再現性や証明することはできませんが、フライアウェイの原因としてよくホームの登録ができてないのではないか。と言う事も言われていますが、GPSのロストから来ている事も少なからずあると思います。

GPSシグナルの観察だけしてみても安定している時していない時がはっきりとわかります。

十分注意することは例外に漏れず、比較的誰にでも簡単に撮影できる物ではありますが、機械だけに頼らず自分行って来いできる位の操作ができるようになってから飛ばした方がいいですね。

これは操縦者だけの問題ではなく自分が引き起こした事故により多くの人が飛ばせなく可能性を秘めています。ずっと遊べるように十分な練習をしてから飛ばしましょう。

GAUI MRT製品は日本正規販売店Bignuts deals.comからお買い求めいただけます。

LINEで送る

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>