ImmersionRc Vortex150 セットアップ他

さて前回の記事に引き続きVortex150のセットアップなどを紹介していきます。

その前に機体の主な特徴やアピールポイントを上げていきたいと思います。兄貴分のVortrex250と比較しては意味がないので僕個人がここはいいなーと思える部分にフィーチャーしますね。

  1. 機体サイズは文字のごとく150mm(モーター対角)ではなく155mm。ま、ここはどうでもいい。
  2. マルチショット対応(個人的な意見をはっきり申してこれで十分なレスポンスDショットとの違いがまだ感じれない鈍感)
  3. SPI ジャイロで8Kのループスピード対応。なのでデフォルトでジャイロとループが8K、4Kだっかた8K,2K。
  4. カメラがFatshark600TVL、CCDとなっていてカメラ全体も大型化されています。(画質はかなり良い)
  5. RotorSense:ESCの配線がどうであれPCいらずでモーターの回転方向が変更できる(デフォルトではちゃんとした回転方向になっていますが要確認)
  6. 特に必要なければパソコンさえいらない。初期設定もパソコンはいらない。(最新のbetaflight fwが欲しければPCは必要。工場出荷時fw3.0.1 今日現在最新3.1.6)

とこんなところです。最近OSDからのセットアップの簡単さに溺れてしまってOSD、セットアップどっちも簡単にできないとPCにつなぐのが煩わしいほど。と簡単な説明はここまで。

ImmersionRcのサイトからマニュアル、fwをダウンロードする場合はこちらから

前回のままなのでアッパーは外したまま。各部分のボタンなどを説明していきます。まず最初に機体前方にある緑の丸の中のこの白いの。これはアッパー閉めたままでも押せます。このボタンはOSD/FCボタン。特に必要ありません。OSDが(ブリック)固まってしまった場合やFwがうまくフラッシュできないときに押しますが、必要ないと思われます。

vortex150-600

次はこのボタン。同じく緑。次の写真で説明

vortex150-602

水色はUSB接続ポートでfwフラッシュなどに使用します。緑色は上の写真と同じ場所で、このボタンはリセットボタン。受信機などの設定をリセットできます。設定がおかしくなったなーというときに使います。

押して離して1回目のビープでビデオバンドチェンジ、2回目でウイザードの再スタート、3回目でスペクトラムバインドモード(スペクトラムはオートモードでバインドできないため3回目のところで手動選択)、4回目でキャンセル

vortex150-601

基本的な動作は上記のボタンを覚えておくと十分かと思います。受信機を搭載して電源を入れると下の動画のような表示ができます。動画の頭から20秒ほどのところが初期設定となります。同じOSD表示が手持ちのモニターやゴーグルに表示されるのでOSD表示に従ってセットアップすればもう飛ばせる状態になります!!元に下のビデオも同じくセットアップ完了ですぐ飛ばしていますよ!!

ですで最初に購入したら受信機交換してすぐセットアップウイザードを行なって飛ばすのも楽しいかと思われます。

それでは嫌だという方のために次の設定をさらにしたでご紹介。

 

とりあえずOSDとFCのfwをあげたい!!そんな時はこのページの最初で書いているようにマニュアルとかソフトをダウンロードしてください。→こちらから

immersionのサイトページ下部こんなところから色々ダウンロードできます。

vortex150-7

よくわからんぞ。という方はまずGoogle Chromeをダウンロードします。

それから下の二つをダウンロード

  1. Vortex-configurator
  2. Betaflight-configurator

おまけとしてVCPドライバうまく動作しない時はここから最新のドライバに書き換えてみましょう。MACでもうまく動かずドライバ入れ直しました←私

 

はい。ではクロームアプリからVortexコンフィギュレータを立ち上げます。FCのFwを選択する前にOSDのfwをアップします。ポートを確認してフラッシュボタンを押すとスタートです。時間がそこそこかかりますので途中で線を抜いたりしないでひたすら待ちます。多分1分くらいかかります。

vortex150-8

OSDのフラッシュが終わったらFCのfwを選択します。サイトから落としたZIPファイルの中に3.1.6のFwも一緒に入っていますのでHEXファイルを選択します。で、FCへのHEXがタイムアウトしてしまう場合があります。でも諦めずに5回くらいは試してください。それでもダメな場合はドライバの確認、USBの抜き差しPC再起動など考えられることすべてを試してください。それでもダメな場合はbetaflightからフラッシュしてみましょう。

vortex150-9

IMRのコンフィグで機体をつないでいる場合、もしくはBFでつないでいる場合どちらかもつながった状態だとうまく接続できませんので立ち上げるアプリは一つだけで作業を行います。IMR、BFどちらでもいいのでフラッシュが終わったらBFコンフィグでCLIタブへ行って「version」と入力してenter

するとFCのfwバージョンが出てきます。そこに3.1.6と書いてあればOKです。これでフラッシュが完了したので機体側を再度バッテリーをつないでウイザード設定を行います。

 

vortex150-5

ウイザードが終わったら各モードなどを設定して完了です。ちなみに私はマルチショットを選択しました。

vortex150-2

モードは以下のようにしています。私の場合はアクセロメータ切っているので設定項目が少なくなっています。

で、Vortexは設定の保存に少し時間がかかりますので「save」を押してすぐ接続を解除すると設定が保存できない場合がありますのでセーブされたのを確認してから解除してください。

vortex150-4

と、かなり長々となりましたがこんな感じで設定は終わりです。行き詰まったりわからなくなった場合は状況の詳細を書いてお問い合わせください。


ただ繋がらない、反応しない、などではこちらも返答のしようがありませんのでどういう状況で何をしたらこういう状況になった。と完結且つ明確に状況を示してくださいますようお願いいたします。

それでは週末はVortexを楽しんでくださいませ!!!レッツエンジョイ!!

LINEで送る